前へ
次へ

賃貸管理の一連の流れ

オーナーに代わってマンションの管理を行なう賃貸管理は今や、多くの人が利用しているところです。賃貸管理の流れは、まずその専門業者とコンタクトを取り、面会日を設定します。面会日において専門業者を訪問し、スタッフと打ち合わせを行ないます。打ち合わせの内容はどのようなマンション物件であるのか、どのようなサービスを望んでいるのか、などといった点が主となります。打ち合わせが終了したら手数料が提示され、問題なければ、その専門業者と契約を締結します。契約締結後は専門業者がオーナーに代わって入居者の募集や集金業務、退去の手続きなどマンションにおける様々な業務を行ないます。このとき、集金された家賃から所定の手数料を差し引いて、オーナーに振り込みされます。また、マンションにおいて不測の事態が起こった場合には初期対応をするととともに、その旨、オーナーに報告します。このように、契約締結後は専門業者とオーナーとが連携を密にして対応することとなります。

Page Top